画廊

日本におけるギャラリーという単語は、英語及びフランス語からの音写である場合が多い。 ガレリアは本来イタリア語で「回廊」を意味する。 フィレンツェでコジモ・デ・メディチが自らの邸宅の回廊を市民に開放し、その収蔵品を閲覧させたことから、 貴族階級が絵画を知人たちに見せる目的でもつ部屋を意味するようになり、これらの絵画室が公共化されるにつれ 「美術館」と同義に使われるようになった。 イタリアのフィレンツェのガレリア・ディ・ウフィツィ(ウフィツィ美術館)、イギリスのロンドンのナショナル・ギャラリー、 テート・ギャラリー(テート・ブリテン)などがギャラリーという語を呼称に含む著名な美術館である。 なお、日本ではこの用法はあまり見出されない。 数少ない例として「東京ステーションギャラリー」「東京オペラシティアートギャラリー」が挙げられる。 民間の商業的なギャラリーは、画廊側が選択した作品を展示する「企画画廊」と、 スペースを一定期間ごとに作家に貸す「貸画廊」に分けられる。 さらに企画画廊は、専属の作家のマネジメントから、販売迄の一次流通を手がける「プライマリ・ギャラリー」と、 既に亡くなった作家や転売作品を主に扱い、二次流通を支える「セカンダリ・ギャラリー」に分類される。 なお、1つの画廊が、企画画廊と貸画廊を兼ねる場合(ある時期はスペースを貸しつつ、ある時期は自主企画を行う、 というケース)もある。 企画画廊はアートディーラー(美術商)が経営し、展示・陳列した作品を顧客(製作物の購入者)に販売することで 金品の授受が成立し利益となるのが普通で、貸画廊は作者(製作物の作者)から施設の利用料金と、 売り上げに応じた手数料がギャラリーの利益となる料金システムを採用している場合が多い。 一般に、ギャラリーには、それぞれ得意分野があるが、現代美術を主として扱うギャラリーが存在する。 現代美術の作品はほとんどの場合、ごく限られたコレクターを販売対象としており、一般の観客に対する商品価値を 具えていないと見なされていたことから、日本では現代美術を取り扱うギャラリーは、貸画廊であることが多かった。 また、そのようなギャラリーは、現代美術のみを取り扱うギャラリーであることも多い。 しかし90年代頃より日本でも現代美術を専門に扱う企画画廊が増えつつ有り、それに伴って貸し画廊の比率は下がっている。 世界的には貸し画廊が稀であるため、現代美術家は画廊に作品を持ち込むなどしてアートディーラーと契約し、 美術家はアートディーラーの求めに応じて作品を制作し、アートディーラーは富裕層や美術愛好家などに作品を販売する。 日本では東京の銀座、大阪の西天満などが画廊が集中する地域として知られてきたが、 1990年代の日本の経済状況を反映し、主要画廊の廃業や移転が続き、2000年代にはかなり分散している。 また日本でも欧米型の企画画廊やアートディーラーが増加しつつある。[wikipedia] “I have a terrible cold,” Wirth went on, “And my director texted me just now and he said, ‘I’m sorry about your terrible cold, but the good news is you have the most elegant gallery in Asia.’” It took a long time for a true gallery circuit to take hold in the Pearl of the Orient, even as commerce thrived in other industries thanks to Hong Kong’s longstanding status as a free-trade zone. Although?thanks in part to the drop in the pound sterling?China recently outpaced the United Kingdom to become the world’s second-biggest art market (according to Art Basel and UBS’s The Art Market | 2018), the presence of world-class international galleries in Hong Kong is a relatively new development, dating back to the end of the aughts, when auction sales in the United States tanked following the recession but exploded in Hong Kong, doubling from 2009 to 2010. It was then that the first trickle of international galleries came in, starting with London-based, Hong Kong-born dealer Ben Brown, who was one of the earliest ones to go east. In 2009, he opened a space in the Pedder Building, one of the few pre-war buildings left in Central. “Since 2008, these waves came, and we owe those pioneers, really,” Wirth said. “Over 10 years ago, it was still a very different cultural landscape. And we owe them for that.” Pearl Lam was born to a wealthy Hong Kong family and lived there until going away to school in the U.S. at age 11. She returned to China in her twenties, and started putting on pop-up shows there in the mid-90s, but when it came to opening a brick-and-mortar space in 2004, she put down roots in Shanghai. There was no reason to open a gallery in Hong Kong. “Hong Kong has been a very, very rich city, but its never had a focus on art and culture,” Lam said. “But when contemporary art became a trend, galleries started opening.” Gallery wrapping is also commonly known as 'Stretching'. This is a method of stretching a canvas so that the canvas wraps around the sides of a wooden frame (stretcher bar) and is secured to the back of the wooden frame. Many of our artworks are gallery wrapped, but please refer to the description of each artwork for clarification. Our gallery wrapped artworks are professionally mounted on 38mm thick stretcher bars, and guaranteed to not buckle or break over time. Why Should I want Gallery Wrapping? The great thing about Gallery Wrapped canvases is that they allow the actual artwork to stand out on the wall. For our hand painted artworks, this is preferred as it compliments the texture and hand painted quality of each piece. Did you know? We also do gallery wrapping for your own canvas artworks in any size up to 2.3m. Please call us on 1800 363 244 for a quote. The former Gallery, now dubbed the Fashion District project, will include a collection of small, local businesses when it opens in September on east Market Street. The businesses, South Fellini, American Hats LLC, Dolly’s Boutique, and Duafe x the Sable Collective, will be the first tenants for Uniquely Philly, a collaboration with the Wharton-founded Enterprise Center to offer services, such as business plan development, store design, and marketing. The Uniquely Philly space will take up 4,647 square feet on the concourse level of the giant project, which is being redeveloped by local mall operator Pennsylvania Real Estate Investment Trust (PREIT) and Santa Monica, Calif.-based Macerich 中国大?地区画廊的起?稍?,?至20世?90年代才逐??脱??的"画店"模式,?入当代的??模式,最?著的?志之一是广泛引入??代理??家的国?性??制度。??制度的引入,?大地改?了?去?然依?于??家已有的名声的所?"?售",催?了立足于???家未来价?的判断而采取的??决策。 如此,人???画廊?画家"寄生虫"的??看法正在逐?地改?。   毋庸置疑,大都市是画廊?以生存的有机土壤,而北京、上海、台北、香港是中国画廊目前最主要的聚集地。香港地区的画廊?展?早的原因,是源于其背靠大?、面向海外的区域功能与地理??,以及中西文化交混的多元??;台北地区的画廊是随着台湾区域??的??,而在20世?80年代走向了鼎盛;北京、上海地区的画廊是在改革?放以后逐?出?的,在??了近20年的惨淡??之后,目前已??入了所?的"?利?代"。   上世?90年代中期以后,原先的??收藏家?而?始?建画廊的越来越多,甚至成?一?"?象"。譬如,上海的?建平及其??的"?博画廊"、上海的?明放及其主持的"亦安画廊",北京的李国盛及其属下的"?碧堂",等等。?些画廊的主持人,由于具有金融、投?、?易等行?背景与??知?,因此无?其影?力?是其具体操作?面,皆能?打破旧有的条条框框,取得?好的效果。   21世?以来,随着国家文化政策的逐??整,海外?金?入中国画廊界已?蔚然成?。早期的外?画廊常常受制于当?国内政策的模糊性或不?定性,甚至是画廊?址的?程也令他?大?周折。近几年来,外?画廊大多以北京、上海?其首?,而投?国?或地区?包括了コ国、意大利、美国、日本、?国、新加坡以及中国的台湾、香港地区。而在画廊的分布上,大多是集聚于北京朝?区的798厂、上海?州河等知名??区内,其余的?主要以商?中心区?寄栖地。   目前,中国的画廊?已?形成了多元?走的活??景。所?多元,不?指的是画廊所??作品的?格或定位的多元,?涵盖了??者的背景、操作的手段、公?的策略等?多方面的多元。但是?心中国当代???作,??中外??的互通交流,注重??太地区??的推荐??,似乎越来越成?中国大?画廊界的基本??与共同愿景。 不止一次听到有人?: “在中国, 独立博客得?代已??去了”. ??, 很多博主都?到了公?号, 知乎??, 小密圈, 微博… 因??者比?多; 平台的推荐算法?内容可以被更多人看到; 因?大厂更??的 SEO (甚至直接与搜索引フ合作??), ?的内容更容易被搜索到. 但我?是更喜?独立博客, 因?属于自己的域名, 因?可以自由的排版, 自由的??. 不得不?, 独立博客在?取新?者方面??存在??. 即使?内容再好, ?是需要自己?到各个??才能?没有???博客的?者看到?的内容. 是否可以做一个工具, 可以?接?些独立博主, 在保持独立博客的自由得同?, ??一个独立博客得?者群体, ?独立博客?也有一个?定的被??的渠道. ?个工具可能是一个?似之前多?的??系?, 可能是一个?个性化推荐系?的 RSS 客?端, 可能是一个?似微博, twitter 但是主要内容是独立博客的新?西, ?者可以点?, ??. 可以知道我? follow 的博主 follow 了?… ?个列表是一个?始, 先把独立博客?收集起来, ?迎加入 分?法?行了重新?制,使用原始的 1855 分?条件:价格,来?主要的左岸葡萄酒?品?行分?。 我?的分析?果引起了一定的??,可在此??看。 ?在,已??去了?年的??,市??生了一些?化,因此我??分?法?行了更新,以反映当前的行?状况。 条件和推算: 要符合 Liv-ex 波?多葡萄酒分?法的?格,葡萄酒的?地必??左岸(包括 Pessac-Leognan)并且?量必?超? 2,000 箱。 ?予考?各酒庄的主品牌葡萄酒?品。我?随后?算各符合条件品??去五个?造年期